アルツハイマーを改善させるために|食から変える実践術

コップとサプリ

日頃の食生活が大切

黄色いサプリメント

アルツハイマーは年を取れば誰でも現れる症状ではなく、日頃の食生活が大きく影響している症状です。そのため、日頃から食事やサプリで有効成分を摂取して予防をすることが大切です。若い頃から予防をすることにより、年をとっても楽しい人生を送ることができます。

More Detail

認知症予防によいチョコ

ガッツポーズをする2人

アルツハイマー予防に効果的な健康食品がチョコレートですが、選ぶ際は有効成分を含むカカオが豊富に入っているものを選びましょう。チョコレートの予防効果が高いのは、カカオに活性酸素を抑える抗酸化効果のあるポリフェノールや、動脈硬化防止の働きがあるミネラルが含まれ、脳へのダメージを防いでくれるからです。

More Detail

記憶が失われる病気

スマイル

アルツハイマーが発症して脳の萎縮がはじまると生活環境における様々な変化が生じるようになるため、つらい日々になってしまうでしょう。アルツハイマーを予防するためには、サプリメントが効果的です。

More Detail

脳機能の改善

男性

食事を変える

アルツハイマーは脳全体が委縮して脳神経に異常が起きる病気です。原因は不明で治療法も確立されていないので改善させるのが難しいと言われてきました。しかし、食事を改善させることでアルツハイマー発症で低下する脳細胞を活性化させて情報伝達を高めることが出来ると言われています。食事を改善させる以外にも、全体の生活の質を上げることが効果的であると言われ、音楽療法やペットセラピー、アロマセラピーなどの治療も行われています。音楽やペット、アロマを使った治療法は補助的な役割をしているので、アルツハイマーのメインの治療として行っていくには食事を改善する必要があります。大豆製品に多く含まれるレシチンやセリン、牛肉やラム肉に多いカルニチン、ビタミンAとC、E、カロチンなどのビタミンの摂取が必須です。

脳細胞を助ける栄養素

レシチンは脳内の神経伝達物質の役割をしながら、血管内に溜まるコレステロールを溶かして血管自体を強くする働きがあります。アルツハイマーにならずとも加齢とともに脳の血行はどんどん悪くなっていくので血行不良から脳細胞を死滅させてしまうと痴呆が進んだりするので、脳機能の低下を防止します。セリンには、脳内のエネルギーの代謝を促して集中力や記憶力の低下を防ぐ役割をします。カルニチンには症状の進行を食い止めて、脳の機能を維持する働きがあります。ビタミンAやC、E、カロチンには老化の元となる活性酸素を体外へ排出する働きがあるので、アルツハイマーの発症に大きく関わっていると考えられる活性酸素の過剰発生を食い止めて症状を改善させる働きがあります。